パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害で障害年金の受給はできる?

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害のいろいろ > 障害年金

パニック障害で障害年金の受給はできる?

パニック障害で障害年金は受給できるのでしょうか?

障害年金の受給というのは、躁うつ病や統合失調症などの精神疾患による障害の場合にも可能です。

では、パニック障害の場合ではどうなのでしょうか?


障害年金の申請には、医師の診断書が必要となりますが、
その診断書には障害となる病気の診断名が記載されます。

その障害となる病名には、いくつかの分類があります。

その分類のうち、神経症という病名は障害年金の対象外となるそうなので、
担当医によって、もし、パニック障害が神経症によるものだと診断された場合には、
おそらく障害年金用の診断書は作成してもらえないでしょう。


しかし、もし、パニック障害とうつ病が併発しているというような診断をされた場合には、
障害年金の申請の障害名はパニック障害とうつ病、もしくはうつ病などと記載されるでしょうから、
障害年金の申請が可能となりますので、その後、認定されれば、受給は可能となります。

つまり、パニック障害で障害年金が受給できるかどうかは、
医師が作成する診断書の内容によって左右されると言っても良いかもしれません。


また、精神疾患の病名の診断というのは、
医師によって変わってしまうということはよくあることです。

たとえば、同じ患者でも、ある医師からはパニック障害と診断されたけれど、
別の医師からは自律神経失調症と診断されたということは少なくありません。

このような現実も踏まえた上で、パニック障害で障害年金を受給したいという場合には、
医師とよく相談して、信頼出来る医師に診断書を作成してもらうようにすると良いでしょう。

最近の障害年金の傾向

以上のように、パニック障害というだけでは、障害年金の障害には当てはまらないと説明しました。

しかし、実は、パニック障害だけで障害年金を申請して受給ができたという例はあるそうです。

最近の障害年金の傾向として、障害の病名だけではなく、その人の生活状況や
その他の背景なども考慮に入れた上で、認定するようにしようという流れがあるそうです。


確かに、パニック障害だけでは、障害年金の申請は難しいでしょう。
それに、医師も診断書自体を作成してくれないかもしれません。

しかし、実際に、申請してみないことには、受給できるかどうかはわかりません。

もしかしたら、障害の病名だけではなく、その他の生活状況なども
考慮して裁定されるかもしれません。

ですので、実際に申請してみるのもひとつの方法でしょう。


障害年金に関しては、医師も年金事務所の職員でさえも、知らないことは多いものです。

ですので、少人数の意見だけで判断せずに、実際に動いてみることで、
状況が良い方向へ進むこともあるかもしれません。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional