パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害の芸能人は多い!?なぜパニック障害になるのか?

パニック障害の芸能人は多い!?

パニック障害の経験がある芸能人というのはとても多いようです。

芸能人という仕事柄、不規則な生活になってしまったり、食事もきちんと取ることができなかったり、人目を気にしながらの生活を強いられ、競争に生き残っていくための多大なストレスの影響を受けたりと、芸能人はパニック障害になりやすい環境にいると言えるのかもしれません。


芸能人以外の一般の人の中でも、パニック障害の経験のある人は実は多いのではないでしょうか。
芸能人の場合には、パニック障害の経験を本にして出版したり、テレビなどで告白したりする機会が多いために、なんとなく芸能人にはパニック障害の経験者が多いような気がするというだけなのかもしれません。

パニック障害の克服本のススメ

芸能人が出版しているパニック障害の克服本は多くあります。
パニック障害になってしまうと、身近な職場の人や友人などと、病気について話し合ったり、
相談することというのは、気が引けてしまい、意外と難しいと感じる人も多いようです。


そんな場合など、芸能人が書いたパニック障害の克服本を読んでみることで勇気づけられるかもしれません。
一冊だけでなく、何冊も読んでみることをお勧めします。

たくさん読むことで、たくさんの情報を集めることができます。
そうすれば、ひとつくらいは自分に合った克服方法が見つかるかもしれません。


また、たくさんの経験談を読んでいくと、不思議なことに、克服した人たちの中に共通の克服方法を見つけることがあるでしょう。
そうして見つけた共通する克服方法は、ぜひ試してみることをお勧めします。

たくさん読むのが苦手なら

もしも、体調がすぐれず、本をたくさん読む気力や体力がないという人に、お勧めしたい本があります。長嶋一茂さんの「乗のるが怖い」という本です。

この本では、長嶋一茂さんのパニック障害の克服法がたくさん書かれています。
驚くほどに、ありとあらゆる方面からパニック障害という病気を捉えて、その克服について書いておられます。

この一冊で、何冊もの本を読んだのと同じくらいの多くの情報が得られることだと思います。
偏った見方をせずに、病気をきっかけにして多くのことを学ばれたということが、
とてもよくわかります。


⇒ パニック障害を改善するうえで、とても重要な3つのポイントとは!



 ← パニック障害その他の知識 に戻る



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional