パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害に漢方がよい理由とその効果とは!

パニック障害は漢方で治療できる?

パニック障害の改善のために、漢方を用いることもできるでしょう。
実際に、パニック障害から克服できたという人の多くが漢方を用いた療法を実践しているようです。

それでは、どうして漢方がパニック障害に効果が高いと言われているのでしょうか?
その答えのヒントは、東洋医学の考え方に探すことができるでしょう。

パニック障害に漢方がいいのはどうして?

東洋医学では、その症状があらわれている部分だけで人体を捉えるのではなく、トータルな体全体のかかわりを重要視します。
具体的には、気、血、水のバランスを基本として考えます。

体全体の気のめぐり、血のめぐり、水のめぐりが滞りなくスムーズに流れるように、それぞれのバランスを整える治療法が東洋医学です。


そして、漢方は、これら気血水の低下を改善していく効果があります。
漢方を上手に使うことによって、自律神経のバランスも整い、免疫力も高まって、体全体の機能も向上します。

東洋医学では、パニック障害の症状も、体全体の気血水のエネルギーのバランスが崩れてあらわれると考えます。ですので、漢方を用いることでパニック障害の症状も軽くなり、消えていくと考えられているのです。

漢方の種類と選び方

では、漢方にもいろいろな種類のものがありますが、パニック障害の改善に特に効果の高い種類の漢方というのはあるのでしょうか?また、どの漢方を選べばよいでしょうか?

東洋医学は体全体のバランスを整えて、特定の症状を治すというものです。
ですので、漢方を選ぶ際には、パニック障害という病名で選ぶようなことは、ほとんどしません。


漢方はその人の体質を見て処方されます。体質のことを証といいます。
証の判断は、専門医によって行われます。

おおまかには、体つきや、症状の訴え、皮膚の色などを見ます。
しかし、その日の体調などによって、証が変化することもあり、その判断はとてもむずかしいと言われています。

ですので、漢方を選ぶ際には、信頼出来る専門医や専門家に処方してもらうのが良いでしょう。
本当に自分に合った漢方の場合は、苦味どころか甘くておいしく感じるそうです。



関連記事



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional