パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害の治療はどんな方法がある?

パニック障害の症状は克服できる.com>パニック障害の治療

パニック障害の治療

パニック障害の治療方法にはどんなものがあるでしょうか?

パニック障害を病院で治療する場合には、薬物療法と精神療法を組み合わせた治療をすすめていくことがほとんどのようです。


● 薬物療法 ●

薬物療法とは、向精神薬という薬物を使って、脳や神経に直接働きかけ、症状の改善をはかる治療方法です。

パニック障害を起こしている状態を分かりやすく例えると、脳の中で、非常事態ではないのに、非常ボタンが押され、警報が鳴り響いている状態です。
薬を用いることで、この非常ボタンが間違って押されないようにするというわけです。

また、神経は興奮を何度も繰り返していると、次第に少しの刺激でも反応するようになってしまい、興奮しやすくなってしまうそうです。
ですので、発作を防ぐためには、神経を興奮させないようにすることが大切だと言われています。
そのためにも、薬物を用いた治療を行います。


● 精神療法 ●

パニック障害の治療方法のうちの精神療法には、いくつかの治療方法がありますが、有名なものとして、主に認知行動療法や自律訓練法などがあります。

認知行動療法とは、認知のゆがみや偏りを修正する認知療法と、行動することによって認識を改めていく行動療法のふたつを組み合わせた治療方法です。

自律訓練法とは、ドイツの精神科医であるシュルツが考案したリラックス法で、六つの公式と呼ばれる暗示をかけることで、リラックス状態を作り出すというものです。

どちらの精神療法も病院で行っていますが、慣れてくれば、自分で行うこともできます。

パニック障害とうまく付き合うには

パニック障害と上手につき合っていくには、こまめにリラックスすることが大切です。というのも、不規則な生活を続けていると、自律神経のバランスが乱れてしまい、ストレスに対する抵抗力が弱くなってしまいます。

ストレスや緊張をほぐすために、意識的にリラックスするように心がけるとよいでしょう。

リラックス方法として、腹式呼吸やストレッチ、アロマテラピー、ヨガ、気功、太極拳などもおすすめです。また、規則正しい生活を送ることでも、パニック障害の発作を起きにくくさせることができるでしょう。

パニック障害の薬

専門の医師からパニック障害と診断されたとき、処方される薬にはどんなものがあるのでしょう。副作用が少なく高い効果がある薬もあるようですが、投薬治療だけでパニック障害は完治できるのでしょうか?薬以外で改善できる方法は・・・。


パニック障害の完治

精神疾患の症状というのは、一度よくなっていても再び症状が出てしまうことが多く、完治するというのは難しいと言われています。パニック障害の症状が出ないようにするには薬物治療しか方法はないのでしょうか?また完治するために必要な考え方のポイントとは。


パニック障害の漢方

薬とは違い漢方と聞くと、なんだか体にいいもののような気がしませんか?パニック障害でも漢方が用いられることがよくあるようです。漢方でパニック障害が改善した例も多いそうですが、なぜ漢方がパニック障害には良いのでしょうか。また、漢方は様々な種類があります。パニック障害に効果の高い漢方を選ぶにはどうすればいいのでしょう。


パニック障害と病院

パニック障害かもしれないと思ったときは、まずは病院を受診しましょう。もしかすると似ている症状で他の病気が隠れているかもしれませんし、何より1度診断を受ける事で、その先の治療について考える事ができます。病院を選ぶときのポイントとはどういったことでしょうか?


パニック障害の専門医

パニック障害を疑ったら、1度病院へ行くことをおすすめします。でも、パニック障害で病院といえば何科を受診したらよいのか分からないという方が意外にたくさんいます。パニック障害の専門医のいる病院っていったい何科になるのでしょう。


パニック障害のカウンセリング

パニック障害の治療にはカウンセリングを取り入れる方法があります。このカウンセリングとはいったいどんなことをするのでしょう。またカウンセリングを受けたいと思ってもどこに行けばいいか分からない、という方も多いではないでしょうか。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional