パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害に家族はどう対応する?理解すべき病気のポイントとは

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害とは > 家族

パニック障害に家族はどう対応する?

パニック障害に対して、家族はどう対応すれば良いでしょうか?
パニック障害の改善には、家族の理解と協力が大きな力となります。

まずは、家族がパニック障害についての正しい知識を持って理解することが大切です。

そして、パニック障害の不快な症状や苦しみについて共感し、あたたかく見守るようにしましょう。


パニック障害という病気は、目に見えるような体の異常が見つからないため、
仮病ではないかと誤解されがちです。その為、孤立感が深まってしまったり、
さらにパニック障害の症状が悪化したり、うつ病などの病気に発展してしまう
というようなことも多いようです。

ですので、家族が理解してくれているという安心感は、なによりも大きな力となることでしょう。

理解しておきたい病気のポイント

では、パニック障害について、家族が理解しておきたい点にはどのようなポイントがあるでしょうか?

まず、パニック障害は仮病などではなく、れっきとした病気であるということを
理解しておく必要があります。

けっして、怠けているとかヒステリーを起こしているということではないということです。

パニック障害は、治療が必要な病気であるという点を理解しておかなければならないでしょう。


また、気力で治せる病気ではないということ、精神的な悩みであったり、
性格の問題から起きる病気でもないということを知っておくべきです。

そして、回復には時間が必要であり、慢性化しやすいという点も理解しておきましょう。

また、患者の苦しみや不安に共感を示すことが大切な点も理解しておきたい部分でしょう。


また、病院へ診察に行く際には、できれば家族も一緒に
行くようにすることをおすすめします。

自宅での様子や体調について、家族から医師に対して、客観的に伝えることができます。

他にも、本人は不安や緊張から、医師の説明やアドバイスを
聞き逃してしまいやすいかもしれませんので、きちんと聞いておくことができます。

また、家族の接し方や対応の仕方などを、医師に直接質問して、
具体的にアドバイスしてもらうこともできるでしょう。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional