パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害による吐き気か判断する方法とは!

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害の症状 > 吐き気

パニック障害による吐き気か判断する方法とは!

パニック障害の発作の症状のひとつに、吐き気が起こることもあります。

しかし、症状には個人差がありますので、パニック障害の人みんなに吐き気があるとは限りません。

パニック障害による吐き気かどうかは、その吐き気のピークが発作後10分以内に来ることと、
ピークの後の30分くらいで吐き気が治まってしまうことで、ある程度判断できるでしょう。

もしも、吐き気が続くようであれば、パニック障害ではなく、何らかの病気が
隠れている可能性が考えられますので、病院で検査してもらうのが良いでしょう。

吐き気以外の症状

また、パニック障害である場合には、吐き気だけでなく、
その他の様々な症状も同時にあらわれます。

個人差はありますが、主に、

心臓がドキドキする,
汗が出る、全身または手足が震える、
息がつまり呼吸が早くなる、
窒息するような感じがする、
胸が痛い、胸や腹部の不快感がある、
めまいやふらつきがある、
現実感が消失したり離人感におそわれる、
発狂するのではないかと恐れる、
死ぬのではないかと恐れる、
感覚が麻痺する、冷えたりのぼせたりする

というような症状があらわれると言われています。

これらの症状のうち、4つ以上が突然起こり、10分以内にピークを迎えると、
パニック障害だと診断されるのだそうです。

自分でできる改善法

パニック障害の改善のために、病院での治療に加えてできることは数多くあります。
自分に合いそうなものを見つけて、実際に試してみると良いでしょう。

たとえば、白湯を飲むという方法があるそうです。

朝起きたら、まず、一杯の白湯を飲むというとても簡単に試すことができる方法です。

なぜ白湯を飲むかというと、体を冷やさないようにするためです。
特に、起き抜けに白湯を飲むことによって、内蔵の疲れを取る効果があるそうです。


続けていくうちに、体の老廃物が徐々に排出されるとも言われています。
免疫力も高まり、精神状態も安定してくるそうです。

パニック障害を抱えている人のほとんどが、体の内側が冷えていると言われていますので、
この白湯による療法は、試してみる価値がありそうだと思います。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional