パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害が起こる原因は何?

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害とは > 原因

パニック障害が起こる原因は何?

パニック障害が起こる原因は何なのでしょうか?

実は、パニック障害の原因については、未だ完全には解明されていないそうです。

原因として挙げられている説として主流なのは、脳内伝達物質の機能の異常です。


私たちの脳には、140億個ものニューロンと呼ばれる神経細胞があり、
複雑なネットワークを形成してさまざまな情報の伝達を行っているそうです。

この情報を伝達する際には、神経伝達物質の力を借りなければなりません。

そうして情報がニューロンからニューロンへと伝わっていきます。


この神経伝達物質は、現段階で30種類ほど確認されているそうですが、
パニック障害に関わっていると言われている神経伝達物質は、
ノルアドレナリンとセロトニンです。

このふたつの脳内神経伝達物質がうまく機能しなくなってしまうことが原因で、
パニック障害が起こるのではないかと考えられているようです。

脳内の神経伝達物質が機能しないのはなぜ?

では、脳内の神経伝達物質がうまく機能しなくなるのには、
何らかの原因があるのでしょうか?

現段階では、その原因は分かっていないようですが、
その引き金となりえる要素はいくつかあるようです。


例えば、強烈なストレスや遺伝、ホルモンバランスの乱れ、
喫煙、幼少期の体験なども引き金として考えられています。

パニック障害の原因は、このように脳内伝達物質の機能の異常だと考えられていることから、
薬物療法においては、この脳内伝達物質の機能の異常を修正するような薬が用いられることが
多いようです。

低血糖症もパニック障害の原因?

他にも、最近、新たにパニック障害の原因として考えられはじめたものに、
低血糖症というものがあります。

低血糖症は、血糖値が急激に上下してしまい、適切にコントロールできなくなってしまう病気です。

この低血糖症は最近になって生まれた病名のため、医学部の教科書にも載っていないそうです。

そのため、医師の中でも知らない人も多いと言われています。


しかし、現在では、専門のクリニックも少ないながら増えてきています。

低血糖症の原因は、食生活の乱れが主な原因です。

パニック障害と食生活の乱れに何らかの関係性があるのではないかと
考える専門家も増えてきているようです。




 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional