パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害で有効な克服法とは!

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害とは > 克服法

パニック障害で有効な克服法とは!

実際にパニック障害から克服できた人たちの、
パニック障害の克服法というのをいくつか紹介したいと思います。

病院以外で自分でできる克服法ですので、これらの克服法の中から、
自分に合いそうな克服法があれば、試してみると良いかもしれません。

自分でできる克服法

【食事編】

まずは、食事を工夫する克服法です。

食事による克服法は、多くの人が実践していて、実際に高い効果があり、
パニック発作の再発も少ないと言われています。

また、パニック障害以外のその他の精神疾患や自律神経失調症などにも
効果が高いと言われています。


食事の工夫の方法にもいろいろあるようですが、パニック障害を克服できた人たちの中でも、
もっともよく実践されている方法が、白物の食べ物を控えるという方法です。

白物の食べ物とは、たとえば、白米や白砂糖、小麦粉、牛乳などです。


これらの食べ物を控えるという方法は、パニック障害以外にも、美しく痩せるために
とても効果が高いと最近話題になっているようで、そういったダイエット本も出版されています。

白物の食べ物というのは精製され過ぎているために、体への吸収が速すぎて、
心身に良い影響を与えなかったり、また、東洋医学の考え方によると、
からだを冷やし過ぎるため、良くないとされています。


ですので、食事をするときには、白米ではなく玄米、分つき米、雑穀米などを、
白砂糖ではなく、てんさい糖などを、小麦粉は全粒粉のものを選ぶようにするとよいでしょう。

牛乳は低温殺菌のものを選ぶと、牛乳の酵素が生きたまま残っているので、体に良いそうです。

【運動編】

次は、運動の仕方についての工夫です。
運動はランニングよりもウォーキングがおすすめです。

パニック障害の場合には、疲れを溜めすぎるほどの運動は
逆効果となってしまう場合が多いと言われています。

また、パニック障害の人は、自律神経のバランスが乱れやすい状態になっていることが多いため、
ランニングよりもウォーキングのほうが副交感神経を活性化することができて、
自律神経に好影響であると言われています。

また、足の親指を意識して歩くことで、脳の血流が改善し、
パニック障害にも好影響となるでしょう。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional