パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害の自分でできる克服法とは!

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害とは > 克服

パニック障害は克服できる?

パニック障害は、回復するまでに時間がかかる病気だと言われています。

しかし、パニック障害は、決して治らない病気ではありません。

自分に合ったふさわしい治療方法や克服方法を見つけ、
実践することで必ず克服できる病気です。


では、実際に、パニック障害を克服した人たちは、
いったいどんな方法で克服することができたのでしょうか?

その克服方法について知り、学ぶことで、自分に合ったパニック障害を
長期化させない上手な付き合い方を見つけることができるかもしれません。

様々な情報を取り入れる

パニック障害の克服方法や治療の経験談などについて情報を集める際には、
いろんな情報を集めることがポイントです。

一人の情報だけだと、偏った情報となってしまいがちですので、
それが自分には本当は合っていない克服方法であったとしても、
そのことに気づくことができません。


また、いろんな人の様々な情報を比較することで、克服できた人の共通点なども
見つけることができますし、いろんな克服法があるということを知っているだけでも、
このまま治らないのではないだろうかという不安な気持ちを和らげることができるでしょう。

克服するために日常生活でできること

パニック障害を克服するには専門病院での投薬療法や精神療法などを
まず思い浮かべるかもしれませんが、自分が日常生活でできることも多々あります。

ここで、実際にパニック障害を克服した人たちの克服方法の中でも、
多くの人が効果的であったと勧めている克服方法を紹介したいと思います。

● 食生活 ●

まず食生活についてですが、「体に負担をかけない食事」を頭に入れ、
3食バランス良くできるだけ決まった時間に食事をすることを心がけましょう。

特にエネルギー源である炭水化物はきちんと取ることが大事といわれています。
パンや麺類はバターや塩分などが多く含まれているのでシンプルにお米をメインに、
残りは栄養のあるおかずで補うというのが理想的です。

お米ひとつとっても、白米でいいという意見もあれば、玄米や雑穀米のように
精製されていないお米のほうがいいという意見もあります。
その理由として、精製された食品は体に吸収されるスピードが早く
血糖値が急速に上がってしまうということがあげられます。

また精製されることで栄養素が少なくなるので、砂糖なら白砂糖よりてんさい糖、
小麦粉なら全粒粉を選ぶというように、精製されてない食品を取る方が、
体に負担をかけないという点ではいいとも言われています。

いろいろな克服法がありますが自分に合った方法がきっとありますので、
それを見つけれるように様々な情報を取り入れましょう。

食事についてはどちらにしても、当然ジャンクフードや脂っこいものばかりを食べない、
添加物の多いものばかり取らないというのは大原則ですね。

● 運動 ●

次に運動についてですが、疲れをためる激しい運動よりも、
ゆるやかなウォーキングがいいとされています。
ウォーキングをすることで体内に酸素を取り入れ、思考回路や血液循環をよくすることで
過呼吸めまいなどの発作を起こりにくくさせるという効果があるようです。

また、ランニングよりもウォーキングの方が副交感神経を活性化させ、
自律神経にも好影響であるといわれています。

日常生活でできることを、体に負担にならない程度に少しずつはじめてみてはどうでしょうか?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional