パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害で起こる予期不安って?

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害の症状 > 予期不安

パニック障害で起こる予期不安って?

パニック障害の発作を何度か経験すると、また、発作が起きてしまうのではないか
という不安にさらされる場合が多く、このことを予期不安といいます。

パニック障害の発作の恐怖や不安、緊張が頭から離れず、
まだ起きていない発作を予測して思い悩んでしまうというものです。


パニック障害になってしまった場合、
発作との戦いよりも、この予期不安との戦いに悩まされてしまうことが多いでしょう。

パニック障害の発作が治まったとしても、この予期不安に悩まされ、心が休まる暇がありません。

そして、また、次のパニック障害の発作があらわれれば、さらに予期不安は強くなってしまいます。
こうした悪循環がパニック障害の辛い部分でしょう。

予期不安の症状とは

パニック障害の予期不安には、具体的にどのようなものがあるでしょうか?

まずは、発作がまた起きるのではないかと不安になり、発作そのものをおそれるようになります。

そして、発作によって、病気になってしまうのではないかと
新たな不安を抱えるようになる場合もあります。


他にも、

死んでしまうのではないか、
事故を起こしてしまうのではないか、
気を失ってしまうのではないか、
人前で倒れたり、吐いたり、取り乱してしまうのではないか、
発作が起きても誰も助けてくれないのではないか、
発作を起こした場所からすぐに逃げ出せないのではないか、
発作を起こして他人に迷惑をかけてしまうのではないか

というような、エスカレートした不安が生まれてしまうのが予期不安です。


これらのようなパニック障害の予期不安に対しては、薬物療法でその症状が
軽くなる人もいるようですが、心理療法などによって、自分で自分を追い込まないような
思考をすることを心がけることが大切となってくるようです。

しかし、自分で自分を追い込まないように心がける必要があるからといって、
それは、その人の性格が弱かったり、性格が悪かったりするというわけではありません。

パニック障害という病気のせいで、予期不安が起きているのです。

ですので、パニック障害の本人には何も非はありません。
このことは、しっかりと頭に入れておきたいポイントのひとつでしょう。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional