パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害に効くツボってどこ?

パニック障害の症状は克服できる.com > パニック障害を改善 > ツボ

パニック障害に効くツボってどこ?

パニック障害の改善にツボを試してみることもおすすめです。
ツボは東洋医学の考え方から来ている民間療法です。

東洋医学では、全身の気と血の流れのバランスを整えることによって、
特定の不快症状を解消しようという考え方をします。

この気と血の流れの道上にツボが存在します。
症状に合ったツボを刺激することで、全身のバランスが整い、不快な症状も解消されるのです。


では、パニック障害に効果が高いと言われているツボはどこのツボでしょうか?

それは、冷えを取るためのツボです。

パニック障害を抱えている人のほとんどの人が、体の内側に冷えを持っていると考えられています。


ほてりや汗などの熱っぽい症状を自覚する人でさえも、体の内側には、冷えがあるそうです。
この冷えを取ってあげることで、パニック障害に対しても、良い影響がみられる場合が多いそうです。

また、不思議なことに、ほてりや汗などの熱っぽい症状があった人も、
体の内側の冷えがなくなると、それらの熱っぽい症状も解消されるそうです。

また、冷えを抱えることで、身体的な不調だけでなく、
精神的な不調も起こりやすくなると言われています。

ツボの押し方と場所

ツボの押し方ですが、押してみて心地よく感じる強さで押すのが良いようです。
また、体があたたまるようなイメージをして押すと効果が高まるでしょう。

気が付いた時に、こまめに押すようにすると良いでしょう。


では、ツボの場所についてです。
いくつかありますが、もっとも覚えやすい場所が、手のひらの真ん中のツボです。

手のひらを開いた内側の真ん中あたりにツボがあります。
3秒間ほど強めに押すのを、2分間続けると効果が高いようです。
左右それぞれ2分間ずつ行います。


他には、足のくるぶしの後ろ斜め上付近のツボも効果的だとされています。
ここは、5秒間を左右同時に3分間続けます。


また、パニック障害には、ツボ以外にも、冷たいものを食べ過ぎたり
飲み過ぎたりしないことを心がけることも大切です。

週に2回くらいは、しっかりと湯船に浸かって、体を温めるようにするのもおすすめです。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional