パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害にカフェインが良くない?!

パニック障害にカフェインが良くない?!

パニック障害の発作を少しでも減らすために、毎日の生活の中でできるちょっとした工夫というのがいくつかあります。

効果があるかどうかは、個人差がありますが、もしも自分に合っていれば、パニック障害の発作が少しずつ減っていくことでしょう。


では、自分でできるパニック障害の発作を減らすための工夫にはどんなものがあるでしょうか?

そのひとつに、カフェインをやめるという方法があります。


カフェインが含まれている飲み物は、コーヒー、紅茶、緑茶、抹茶、コーラなどがあります。

また、健康茶として売られている様々な種類のお茶やハーブティーなどの中には、粗悪品もあり、そのほとんどの成分が普通の緑茶で作られていて、ほんの少しだけハーブなどを加えただけのものもあるようですので、気をつけたいところです。

なぜカフェインはだめ?

カフェインがどうしてパニック障害に良くないのか、正確な理由は分かっていませんが、多くの人がカフェインをやめたことで、からだに良い変化があったと報告しているようです。

東洋医学の考え方でも、カフェインを取り過ぎることは体に良くないとされています。

また、カフェインを分解するのに肝臓が使われてため、分解能力の問題から、体質的にカフェインが合わない人がいるという説もあるようです。


コーヒーやコーラをやめられないほどに飲んでいる人ほど、このカフェイン断ちは効果が高いようです。しかし、その場合には、いきなりやめることで、禁断症状のような不快な症状があることも多いようですので、少しずつ減らしていくというやり方がふさわしいかもしれません。

カフェインには、血糖値を下げたり、血流を良くしたり、頭痛を抑える効果があったりと、様々な良い影響があるという発表がなされているようですが、パニック障害の発作に関しては、カフェインには良い効果はありません。

どうしてもやめられない場合には、カフェインが入っていないコーラやコーヒーに変えてみるのもひとつでしょう。



 ← パニック障害その他の知識 に戻る



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional