パニック障害の症状は克服できる!

パニック障害とは

パニック障害の症状は克服できる.com>パニック障害とは

パニック障害とは

パニック障害とはどんな病気なのでしょう?

よく耳にはしますが、今だ多くの人に詳しく理解されていない病気のひとつです。また、パニック障害になっていると自分で気づいていない方もいるかもしれません。

パニック障害とは、動悸や呼吸困難、吐き気やめまい、冷や汗、ふるえなどの発作が何の前触れもなく突然起こる病気です。
ある日、突然起こり、なんとなく前兆を感じるということはないそうです。


また、パニック障害とは、電車や飛行機、エレベーターなどの閉鎖的な空間で発作が起こることが多い病気だと言われています。
しかし、人によっては、家でくつろいでいるような時でも発作がおきてしまうということもあります。

パニック障害とは、突然発作が起こることに加えて、いろんな不快な症状が一度にいくつも起こりますので、発狂してしまうのではないか、このまま死んでしまうのではないかという不安にかられてしまうこともある病気だと言われています。


このように死の恐怖を感じてしまうようなこともあるため、パニック障害の発作を起こした場所や状況を回避するようになってしまうことも多いようです。
そうして次第に行動範囲が狭くなっていくため、仕事を続けるのが困難になってしまったり、うつ病になってしまうこともあるそうです。

パニック障害の発作

パニック障害の発作を一度経験すると、いつどこでまた発作が起きてしまうか予測できないこともあり、また起きたらどうしようという不安にかられてしまう場合が多いでしょう。
これを予期不安といいます。
パニック障害とは、発作に続いて、この予期不安が起きるのが特徴です。


予期不安にはたとえば、

発作でし死んでしまうのではないか、発作で失神するのではないか、発作で気が狂ってしまうのではないか、発作を起こして恥ずかしい思いをするのではないか、発作を起こして人に迷惑をかけるのではないか、発作を起こして誰も助けてくれないのではないか

というような不安が挙げられるでしょう。

これらのような不安は、パニック障害にはつきものです。そのことを知っておくと、次に発作が起きたときに、ある程度、不安を小さくすることができるでしょう。


また、発作が起きている最中には、発作は10分以内にはピークに達して、その後はどんどん消えていくということを頭の中で繰り返すと良いでしょう。けっして、発作で死んでしまうことはないということも繰り返します。とにかく、じっと耐えるしかありません。

こうして発作をやり過ごしながら、治療を続けていくうちに、だんだんと発作の数も減っていくでしょう。



パニック障害の原因

強烈な不安感を主な症状とするパニック障害ですが、はっきりした原因がわからない為、病気を患っていても周囲の理解を得られず、つらい思いをしている方がたくさんいるのではないでしょうか。最近では研究もすすみ、発作が起こりやすい傾向などが解明されているようです。


パニック障害は治る?

パニック障害は誰にでもなりうる病気と言えます。自分は大丈夫と思っていても、自分ではコントロールできないのがパニック障害です。症状が出た方が心配なのは、この病気は治る病気なのかということではないでしょうか。


パニック障害の克服

パニック障害は回復するまでに時間がかかる病気ですが、実際パニック障害を克服した人たちはどのような方法で克服できたのでしょうか?いろいろな克服法について情報を収集し、学ぶことが克服への近道となるかもしれません。


パニック障害の克服法

パニック障害の克服には病院などに通う意外にも、普段の生活のちょっとした工夫から回復に繋がったということもあるそうです。人それぞれなので、同じ方法でも効果の違いはあるかもしれませんが、様々な方法を知っておくのはいいと思います。


パニック障害の接し方

あなたの周りにパニック障害をわずらっている方はいませんか?パニック障害の人と接する時、病気のことを話していいのかなど、どんな風に接したらいいのか考えた事はないですか?周りの人の接し方によっては、パニック障害の人の心に悪い影響をあたえてしまう事もよくあるそうです。接し方について考えてみましょう。


パニック障害の再発

パニック障害の治療として薬を服用し、1度は症状が落ち着いて治ったと思っても、また再発する可能性があります。しかし、薬を服用しながら治療した人の中には、再発せず完治した人もたくさんいます。その人達が、パニック障害を再発させないためにしたのはどんなことでしょう。


パニック障害と家族

パニック障害の患者さんにとって、家族の理解はとても重要です。パニック障害はなかなか他の人に理解してもらいにくい病気の一つでもありますので、そのことも病気にかかっている本人からすれば、ストレスの要因になります。ご家族の方は、まず病気の事を十分理解し、サポートできる体制や、一緒に病気に立ち向かうという心の準備をすることが大事だと言えます。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional