パニック障害の症状は克服できる!

うつ病とパニック障害、両方なってしまうことがある?

うつ病とパニック障害の関係

パニック障害とうつ病はまったく別の病気ですが、パニック障害からうつ病に発展することもありますし、うつ病の人がパニック発作を起こすことも、もちろんあります。

ただし、パニック障害の診断基準のガイドラインには、パニック障害と診断されるには、その他の精神疾患がないことが条件とされているため、もしうつ病があれば、パニック障害とは診断されないと言えるでしょう。

しかし、それは、医学的な病気の分類上の問題なので、あまり深く考えなくても良いでしょう。

うつ病とパニック障害の治療法とは

実際には、うつ病とパニック障害の併発はよくみられるようです。
パニック障害なのかうつ病なのか自分では分からないけれど、調子が悪いという場合にも、病院へ行って診てもらうようにしましょう。

うつ病の場合には、放っておくと、どんどん進行していく場合も少なくありません。
早めに受診するようにすることをおすすめします。


病院での治療の場合、パニック障害とうつ病の治療は、厳密には違いますが、同じ薬が処方されることもあります。
その人の症状や体質などによって、その人に合った治療法が行われます。

また、病院での治療以外に自分でできる治療法は、パニック障害の場合でも、うつ病の場合でも、ほとんど同じです。
なので、実際にパニック障害やうつ病から克服できた人たちの経験を知ることで、有益な情報が得られるかもしれません。

自分でできる克服法

ではここで、実際にパニック障害やうつ病から克服できた人の克服法をひとつ紹介します。

カフェインと甘いジュースをやめるという方法です。
とてもかんたんな方法ですが、人によってはとても辛く感じるかもしれません。
しかし、辛く感じれば感じるほど、カフェインとジュースの悪影響が強いということですので、続けたときの効果は高いと言えるでしょう。


カフェインは、コーヒー、紅茶、コーラ、緑茶などに含まれています。
甘いジュースとは、かんきつ系のジュースや、ソーダなどの炭酸系のもの、甘いココアなどもです。
試しに一ヶ月やってみることをおすすめします。



 ← パニック障害その他の知識 に戻る



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional